蔵のご紹介

蔵の歴史

動画が表示されていない方はFlash Playerをインストールしてください

創業は明和年間(1764〜1771)と伝えられています。明治26年本家破産のため初代片山定右衛門が蔵を引き継ぎ現在で5代目となります。大正10年に麹室を石造りに改造し酒質の向上を、昭和5年には木造モルタルの冷蔵庫での低温貯蔵をはじめ、年間通して酒質の安定化を図るなど、昔から品質本位の酒造りを行っています。
平成11年からは、蔵元が杜氏を務め、もう一杯欲しくなる、そして何杯飲んでもおいしいといわれるお酒を目指し精進しています。

清酒「関西」

清酒「関西」

当初、「愛宕」「男山」という酒銘でしたが、灘・伏見の関西地方が銘醸地と言われていた事から、越前の銘醸蔵という意味合いで、明治42年に「関西」と改名しました。
当蔵の主力商品は「関西 佳撰」(旧二級酒)。昔ながらの青色透明瓶に入った、地元で根強い人気のお酒です。口に含んだときには、ほのかな甘みとコクを感じ、飲み込むとすっと消えるキレの良い味わい。昔は辛口として知られておりましたが、清酒全体が辛口化した事もあり、現在ではそれほど辛口とも言えません。でも、そのキレの良さが今でも辛口といわれる所以だと思います。

写真ギャラリーへ